福祉分野の求人が常に多いのはなぜか

福祉、介護の仕事は常に求人があります
なぜならば、高齢化にともないサービスを必要とする人がどんどん増えているためです
しかし、一方では働きたいのに職に就けない人についての問題も取り沙汰されています
このミスマッチはなぜおこるのでしょうか
一つ目の理由は、福祉や介護の仕事は重労働だからです
事務の仕事などと比べ、生活の介助などが必要な介護などの仕事は重労働です
想像していたよりも肉体的に辛いと感じ、辞めてしまう人が多いのです
二つ目の理由は、賃金が安いからです
重労働である上、労働時間も長いことが多いです
それなのに、賃金は安いことが多く、労働に見合わないと感じる人が多くいます
そのため、長続きしないで離職してしまうのです
三つ目の理由は、イメージがよくないためです
生活の介助には、下の世話なども含まれてきます
他人の下の世話というのに嫌悪感を感じる人は少なくないでしょう
生理的にやりたくないと感じる人が多いため働きたがらない人が多いのです
これらの問題を解決するには、賃金の上昇、補助金の給付など国の政策が必要と考えられます