福祉の仕事につくという事

高齢化社会の日本で、とても必要とされているのは福祉の仕事です
職安に行き調べてみると、高齢者を相手にする求人がたくさんあります
たくさんあるので、仕事に就きやすいのですが、働いてみるととてもきつく賃金が安いという問題もあり離職率が高いとも言われています
相手にする高齢者の介護のレベルによって違いはありますが、自分で何も出来ない場合や話が全く通じない場合もあります
たくさんの仕事があり、働き口を見つけやすいのですが、中途半端な気持ちで働きだすと、体力の消耗とストレスで続かないので、福祉の仕事に就く場合は大変だという事を覚悟しなければなりません
人を助けたり、人を支える事が好きだという方はとても向いています
人はみんな歳を重ねていきます
いずれは、高齢者になり体が思うように動かせなくなるかもしれません
または、話している事が何のことなのか分からなくなるかもしれません
そうなった時自分がどうして欲しいのかを考えると、福祉の仕事はうまく続ける事が出来るはずです